建築と土地の関係性

 
 
土地を買うとときに気をつけたいことその1
土地を購入する場合(または土地と建物を購入する場合)は、隣地の人や売り手の立会いにより「敷地境界線」を確認することが必要です。 もちろん、「道路境界線」も確かめます。 これが不確定なら、道路を管理する行政側の立会いを求めて確定しましょう。 また、既存の"堀"は誰のものなのかを確認しておかないと、後日、建物を建てたり、塀をつくったりするときに「領海侵犯」だと訴えられます。 建物は簡単に動かしたり壊したりできないので、充分に注意してください
土地を買うとときに気をつけたいことその2
それと、建物を建築する際には、「建築基準法」などの法令にかなっていることが原則です。 これらの条件を満たす建物の計画でないと、役所から建築確認は受けられません。 建物を買う際も、これらの条件に違反していると、権利の瑕疵の問題が起きて、「売り主(または仲介業者)の責任を問わなければならない」ことがあります。 違法状態を承知で買うと、後日、何らかの不利訴があったとしても、売り主や仲介業者に対して文句はいえないことになります。
土地を買うとときに気をつけたいことその3
これらの条件に違反する建物を建てた場合は、違反とは知らなくても、工事の途中で役所から建築を停止するようにいわれたり、違反がはなはだしい場合は、 一部撤去を命じられたり、使用を禁止されたりすることがあります。 したがって、これらの諸条件を充分に調査してから、買うなり、建てるなりすることが肝要です。
■Links ■Pages
  • 企業倫理と暮らし
  • より良い住まいのために
  • 住宅の品質について
  • 建物の契約方法について
  • 建物の契約と法規
  • 安心の住宅リフォームと保証
  • 住宅の品質に関して
  • 暮らしと住宅のお役立ち情報
  • 住宅の契約の知識
  • 建築と土地の関係性
  • 生活のお役立ち情報
  • 価値ある葬儀のために
  • 生活スタイルと葬儀
  • ■News
    キッチンリフォーム「費用の目安」の立て方は? [キッチンリフォームのノウハウ]
    OZONEで「建築家と建てた理想の住まい100選」開催中 [住まいのプロが提案「イエコト」]