価値ある葬儀のために

 
 
葬式とは宗教ではなく習俗その1
まず最初に結論から言えば、お葬式とは、習俗です。 習俗とは、それぞれの民族が持っている習わしですから、意味を問うよりも前にその民族が先祖から踏襲して行われてきているもろもろの風習、たとえば冠婚葬祭などのやりかたなどをいうのでしょう。 ですから、例外を除いてひとつの民族ならだれでもそうするというように、最初から選択の余地の少ないものといえると思います。 それに対して、宗教とは厳しく個人の選択が問われる精神の営為です。 浄土宗の開祖である 法然常人(1133~1212)は、八万四千もあるといわれる仏教の教えの中から、「南無阿弥陀仏」と称えて阿弥陀仏の救いにあずかる絶対他力の道を選択しました。 その弟子の親鸞聖人(1173~1262)は、たとえ法然上人にだまされて地獄に堕ちようと後悔はしないと言って、師の浄土の教えを選択して阿弥陀仏に帰依する浄土真宗を打ち立てました。 栄西禅師(1141~1215)や道元禅師(1200~1253)は禅の道を選択し、日蓮聖人(1222~1282)は『法華経』という経典に帰依することを選んでそれぞれが一宗を立て、今日に及んでいることは人々の知るところです。
お葬式とは宗教ではなく習俗その2
その一時代前の伝教大川最澄(767または766~822)は、中国に渡って天台大師智顗(538~597)の教えを選び、同じ遣唐使船団で入唐した弘法大師空海(774~835)は、密教を選択しておのおの天台宗と真言宗を立宗しました。 そのように、宗教は習俗とは違い、一人ひとりの信仰と思想の選択が重要な要素を持ってきます。 ところが、わが国の宗教の現状を比ると、この習俗を宗教の中にごちゃ出ぜに入れ込んで、都合のいいところでは宗教の教理を力説し、別の都合によっては習俗を持出してきてそれがあたかも宗教であるかのように見せかけ、迷信の粉をまぶして人々を脅して利益を得ているものも少なからずあるような気がします。 特にそれは、「お葬式」という人の死にかかわる場面で多く見かけるように思います。 そごで、本サイトではできるだけ宗教と習俗を腑分けし、お葬式の本来の意味を考えるとともに、お葬式の理想の姿というものを追究してみたいと思っています。 お釈迦さまは、「生・老・病・死」という四つのことがらを取り上げ、これらが人間の背負った基本的な苦しみだとして「四苦」と呼びました。 時あたかも、わが国は超高齢化社会を迎え、「老い」を国家レベルで体現しようとしています。 では、その次に来るのは国家レベルの「死」なのでしょうか。 だとすればお葬式も国家レベルて考えていかなければ追いつきそうもない気がしますが、ここではまず、そもそも「死」とはいかなる意味を含んでいるのか、基本に立ち返って考えてみましょう。
■Links
  • 中区 葬式
  • 港南区の葬儀
  • 港北区の葬儀社
  • 葬儀を保土ヶ谷区で
  • 緑区で葬式
  • 葬儀 戸塚区
  • 青葉区での葬儀
  • 南区 葬儀
  • 旭区で葬儀なら
  • 葬式 都筑区
  • ■Pages
  • 企業倫理と暮らし
  • より良い住まいのために
  • 住宅の品質について
  • 建物の契約方法について
  • 建物の契約と法規
  • 安心の住宅リフォームと保証
  • 住宅の品質に関して
  • 暮らしと住宅のお役立ち情報
  • 住宅の契約の知識
  • 建築と土地の関係性
  • 生活のお役立ち情報
  • 価値ある葬儀のために
  • 生活スタイルと葬儀
  • ■News
    山口美江さんひっそりと通夜 「身内だけで静かに」の言葉通り… – スポーツニッポン
    通夜、告別式出席について – とれまが知恵袋 – とれまがニュース